読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストラテジー・ミーティング

人生の戦略を考える

夢のもちかた

私の息子の保育園の卒園式では、園児たちが賞状を受け取ると、くるりとこちらに向きを変え、「大きくなったら○○になりたいです!!」と高らかに将来の夢を宣言します。

私の息子たちは仮面ライダーの影響が強く、警察→無職→ドクターと将来の夢が変化しております。さすがに無職の主人公時代は、職業を仮面ライダーに決めてもらえず、情熱大陸に出演していた恐竜の化石を発掘している大学教授に回答を見出しました。

皆さんも将来の夢を言わされる、書かされる経験を子供の時にしたことでしょう。夢とは本来、何になりたいかでははく、何をしたいかだと、子供が言った夢に注文を付けてもしょうがないので、ここで問題にしたいことは、夢を語らせる教育についてです。

子供たちに夢を語らせて、学校が行うことは、夢の手伝いではなく、夢とどう結びつくかわからない勉強です。私は学校での勉強の意義は大いにあると思いますが、そもそも近くに夢を語る大人もおらず、「夢のもちかた」も教えてもらえない子供たちに、夢をもて、夢をもてと迫るこの脅迫は、学校だけの責任ではありません。

この脅迫によって、「夢のない自分はダメだ」「夢がないので行動できない」といった思考を身にまとってしまう子供たちがいるのでは。

夢は理詰めで考えろ

夢とはもっと論理的に、戦略的に考える必要があります。直観に頼るのではなく、理詰めで導き出される夢は、それ自体が叶える道筋を示してくれるからです。

夢の向く先

夢とは、人に向けられるのものだと決めてしまいます。スポーツ選手や特殊な才能を持たない私たちがもつべき夢とは、人を助けたい・人の役に立ちたい、そんな他人に向けられる夢です。夢の実現には沢山の人の協力が必要で、誰かを助けたいという夢であれば、賛同者を募りやすく、助けた対象も賛同者になってくれます。

また対象者を絞り切れない夢では、考えを進めることは困難となります。対象者を絞り、その人たちを助けたいという夢をもつことが大切です。

夢のもちかた

必要な要素は、「未来の姿」「助けたい人たち」「自分の嗜好・やってきたこと」の3つです。

「助けたい人たち」は、「自分の嗜好・やってきたこと」から導き出した、言わば「自分の分身」であり、困っている・苦しんでいることを互いに「共感」することができる人たちです。または、自分と同じ悩みを抱えている人たちです。

それらを「未来の姿」に当てはめ、予測を立てます。未来の中で自分がどんな位置に立っていられれば、「助けたい人たち」をより助けられるのか。その位置が、将来の目標であるべきです。

夢のために必要なもの

未来の自分の立ち位置を決め、対象となる人たちを見定めることができれば、後は色んな方向からチャレンジをするだけです。

方法は多数存在しますが、その夢の実現性を高めるためには、「オリジナリティー」「人を巻き込む」「物語」が必要です。

「オリジナリティー」はゼロから生み出すのではなく、「自分の嗜好・やってきたこと」を組み合わせることで出していきます。たまたま堀江さんの言葉を見かけましたが、1/100のよくある存在でも1/100×1/100とすることで、1/10000になれるという、そのままを実行します。

「人を巻き込む」方法は、自分の夢へ進む道筋を説明し、助けてほしいと頼んで、共感してもらったり面白いと思われることで可能です。同時に、助けることで人を巻き込んでいきます。

これら全ての話を統合し、筋立てて一つの話にまとめることで、「物語」を作ります。この「物語」が正に「夢」と呼べるものだと思います。 

語れる夢の大切さ

 このように組み立てられた「夢」は、語る本人が主人公である「物語」です。その「物語」が完結する道筋が、考え抜かれたものであるけれど、修正する余地があると聞き手が感じられ、「物語」に重要な役として登場できると思えることが重要です。

出来上がった「物語」よりも、全く先の見えない「物語」。参加することで、不安があり、思った通りにならないけれど、小さい成功を積み上げていける「物語」が、人を惹きつけ、楽しませることができます。

“自信が持てない子供たち”について

たまたま、“自信が持てない子供たちが多い”というブログ記事を読みました。その人の分析では、現在の情報過多、他者との比較のしやすさが自信の喪失を生んでいるのだということです。

では、そのような子供にどうやって自信を持たせるのか、これからの教育にとって非常に重要な問いであると考えました。

この回答は、「子供たちに明確な未来の姿を語る」ことだと思います。この未来を語ることは、今までの学校教育では一切教えられなかった部分で、塾でも家庭でも完全に忘れられてきました。

自分で言っておいて、本当に納得してしまいましたが、なぜ今まで疑問にすら思わなかったのか疑問です。

勿論未来のことなので正確ではないにしろ、未来の姿が見えて初めて、未来における自分の立ち位置に必要性が生まれ、その必要性が目標となります。ここで大切なのは、その未来が子供たちに「納得できる」未来であれば、目標へ進む過程は、前時代的なものでないため、つまり今の時代の子供たちの感情に合致し、行動に移しやすいのではないかと。

具体的には、「個性を生かした競争でのし上がる」から、「回りとの衝突は避け、共生する」といった価値観への変化に対応した未来と言えます。

自信が持てない子供たちは、前時代的な「個性を生かした競争」を良しとする価値観を、教育だけではなく多くのメディアから押し付けられるため、現に実感している価値観との相違で苦しんでいるのではないでしょうか。

子供たちは、自分たちの価値観を肯定する「納得できる未来」を提示されることで、自信と行動を獲得できるのではと考えました。

 

今後の話

実は以上の考えに基づいて、こんな考えに賛同してくれる周囲の親たちと一緒に私塾を立ち上げたいと思っています。ここ数日で考えたので行動には移していませんが、まずは友達に相談します。

かっこいい瞬間

f:id:madoriten:20170420142846j:image

一人の人間がやってきた全く別々の事が、ある時一点に集約されることがあります。それが本当にかっこいい。

当初は関連など考えず、ただただ好きで始めた事が、実は同一の点を目指していて。それ等の事に費やした時間が見え、偶然であるのですが必然にも思えるように集約されてできた「もの」は、それこそ、オリジナルな「もの」です。

友達のように、個人のやってきた事がわかっていると、その集約の瞬間の流れが見えます。実は出来上がった「もの」よりも、そちらの方が価値があるかもしれません。

出来上がった「もの」だけを提示するよりも、過程を見せる。その過程とは、個人的な嗜好であり趣味であり、継続した時間であり、それらが物語です。

 

では、数人が集まって、得意分野を出し合って出来た「もの」はどうかと言うと、少し作為的過ぎるのではないかと考えました。そこに「偶然性」が含まれることが大切で、その「偶然性」を作為的に出す仕掛けとして一つが、漫画の“ワンピース”のように、仲間を増やす過程を見せることだと考えました。この人を仲間に入れたら良い物ができるという相手に話を持ち掛け、物語の一部になってもらう、或は失敗する。その全てをアーカイブとして残し、最終的な「もの」の創作過程を追体験してもらう。

“ワンピース”の良さは、ルフィが壮大な夢を語り、個性的なキャラクター達を一人ずつ仲間にする過程にあります。

そんな「もの作り」が面白いでしょう。ライブ感と緊張感と偶然性を含む「もの作り」です。

「家族」とは

f:id:madoriten:20170417091048j:image

前回、用語の再定義をしましたが、そろそろ具体的な『戦術』の話です。

まず『戦術』として、「人を巻き込む」ことを考えます。一人でできること、考えることは限られるという単純な理由ですが、これが一番大切です。助けてもらう恩返しとして、私自身がピエロとなって、成功するか討ち死にする過程を楽しんでもらうという、凡庸な人間にできる精一杯が必要だと思います。楽しみながら、リスクを取って真剣にこける姿は、傍から見る分には面白い。

“支持母体”として「家族」と「もの作り」を上げましたが、相談を持ち掛けた友達に関して「家族」枠、「もの作り」枠みたいなものがあって、友達を無意識にその枠に入れていると気付ぎました。正確には「家族」という大枠の中に、さらに「もの作り」の枠があります。相手が、好むとこ好まざると「家族」枠に入った人には、私の中で「家族」であり続けてしまいます。

こちらが電話して、面倒だから出ないのは「家族」としては当然ですし、そんな時期もあるでしょう。その時は繋がらなくても、数年おきに電話して、時期を待てば良いのではと。それにはメールより電話かなと思います。

これからの「家族」は、数年ぶりに連絡を取っても、変わらず関われる人という定義も良いかもしれません。生涯にわたって関わりを持つと決めた相手にこそ、こちらからの感謝が必要で、これは本当に忘れてはいけないと思います。

これから関わる人

「家族」はこちらで設定して、私はずっと関わっていきますよというスタンスは、 「家族」「もの作り」を応援すると決めた身として、その対象となる人たちに、相手の不快を買わない程度には持つべきだと思いました。「ずっと関わってくれる人」には、多少の信用をおくと思います。

用語の定義

f:id:madoriten:20170412125310j:image

これまで奥山先生の戦略の階層に沿って話を進めてきましたが、用語に関して、書いている私も混乱してきましたので、ここで用語の再定義をします。

 

“世界観”とは、個人の夢を含んだ、これからの世界の姿です。未来の地図と言えます。未来のことなので地図は全く正確だとは言えませんが、地図がないと何の計画も立てられません。

 

“政策”は分かりにくいので、実際の政治で考えると、政権交代が起こった場合に大きく変わるのは金の流れ、つまり政策によって、政権の支持母体を通るように国の支出が変えられます。政策決定の際に重要なことは、どの支持母体を助けたいか、支持してもらいたいかです。個人の場合も同じだと考えて、“政策”は“支持母体”と言い換えてみます。

“支持母体”とは、世界観という地図の中にある場所です。勿論ひとつだけとは限りませんが、個人がどの方向の人たちを助けたいか、支持されたいかです。

 

『戦略』とは、世界観の中で向かうべき場所へ行くための道筋にあたります。地図がなければ道筋の立てようがなく、向かうべき場所が分からなければ道筋は必要ありません。一つの場所へ向かう道筋も、当然ながら複数存在します。逆に言うと、一つに絞るよりも複数を同時に歩むことべきだと考えます。その意味では、“世界観”・“支持母体”が決められた段階で、戦略はほとんど決定しているのでしょう。ただし、道筋を歩む過程は時間経過を伴うので、向かうべき場所は未来にあることは、常に意識すべきです。

 

『戦術』とは、道筋を進むために必要な方法論です。

 

私の中ではこんな感じに整理できたので、今後はこのように用語を使用したいと思います。

日本人の『戦術』好き

f:id:madoriten:20170408220818j:image

日本人の『戦術』好き

日本人は『戦術』が大好きです。

決められたルールの中で、一芸に特化した個人技で相手に対峙することが大好きです。

または、英会話・ペン習字等の習い事をして、それを仕事に生かそうと頑張ります。

技術大国日本を自負し、磨かれた技術に美しさを覚えます。

 

こんな話も聞きました。

第二次世界大戦での日本は、「大東亜共栄圏」という“世界観”をもっていました。良い悪いは別として、その旗印の下に中国と東南アジアに侵攻することになりますが、なぜか海軍が真珠湾を攻撃し、アメリカとの太平洋戦争に突入します。陸軍と海軍の対立の結果だそうですが、その当時アメリカはフィリピン独立を承認しており、日本が欧米の植民地支配からのアジアの解放を目的としているのなら、アメリカとの戦争を避け、シンガポールからインド方面へ侵攻すべきだったのです。

これでは、「大東亜共栄圏」という旗印も、侵攻の口実に聞こえてしまいます。『戦略』を軽視した結果なのか、口実なのかはわかりませんが、最前線で戦われた兵士たちの質や零戦に代表される技術力、米軍が認めた空母による戦闘機の運用の先進性等は、日本の『戦術』の見事さを証明しています。

 

『戦術』は見事だけれど、『戦略』は得意ではない。

 

 日本人の「道」好き

日本人は「道」が大好きです。

茶道・華道・柔道・剣道と道がつく文化的なものだけでなく、どんな芸能や競技に至るまで、自分の取り組んでいる事柄に対し、「道」を設定し、その先に「真理」を見つけようとします。それは、人間の「真理」から、究極には宇宙の「真理」すら、個々の「道」を極めることで発見できると感じられるからだと思います。

例えば、禅僧である雪舟水墨画を描き、夢窓疎石は作庭を行います。禅僧は座禅・瞑想を行うことで大悟することが目標であり、なにも水墨画を描いたり庭を作ったりする必要はありませんが、「道」の概念と照らし合わせるとその訳も理解できます。

では、ツールであるはずの、雑に言うと趣味や仕事は、“戦略の階層”では下位に位置します。ですが、その下位に位置する事柄でも「道」と捉えて突き詰め、“世界観”を形成することができれば、戦略として完成します。

 

この「道」の考え方が、日本人が『戦術』を好きな理由でしょう。

リスク

f:id:madoriten:20170404095851j:image

大枠での『戦術』の話に入ります。

実はここ5日ばかり、休みをもらって、妻の実家周辺に帰省を兼ねた旅行に行っていました。そこでまさかの妻の足首骨折という事態に遭い、それでも執念で旅行は完遂しましたが、家に帰ってからの方が大変なのでは?と、現在恐々としています。

家族を楽しませるという大枠の『戦略』があり、旅行という『戦術』を選択したものの、骨折というリスクを全く考えていませんでした。さあ、上手いこと例えたところで、ふと、リスクを考えてこその『戦術』だなと直感しました。

大枠の『戦術』のうち、“軍事戦略”を旅行とし、旅行の日程を“作戦”とした場合、リクスの程度によって、そのリスクが影響を及ぼす階層が変わります。今回は、骨折でも松葉杖で何とか歩けたので、日程を変えずに済みましたが、これが全く自力で歩けないとなっていたら、旅行を途中で中断していたかもしれません。

リスクを事前に考え、その影響する階層を把握しておくことで、リクスが起こった時の状況判断が早まり、確実なものとなります。

ただし、今回旅先で骨折した妻に「なんでここで怪我するのか」と、若干腹を立ててしまい、家族を楽しませるという『戦略』が頭から抜けてしまったことは、全くもって器が小さい。反省します。